トレーナーを付けた子供のトレーニングメリット


子供の成長過程には様々な適切なトレーニング導入時期があります。
これを知っていれば、もっと運動が上手く、楽しくなります!!

◆ プレゴールデンエイジ(5~8歳頃)

• 神経系が著しく発達する時期
• 集中力が長続きせず、常に新しいものに興味が移っていく
*神経回路にさまざまな刺激を与え、その回路をさらに張り巡らせること、神経系の配線をより多様に形成していこうとする自然な欲求の現れ
• 多種多様な動きを経験させることがポイント
• 運動の基本的な動作である、投げる、走る、跳ぶ、という要素を盛り込みながら行うことで、次の専門的なトレーニングの基礎となる

◆ ゴールデンエイジ(9~12歳頃)

• 神経系の発達がほぼ完成(成人のレベル)に近づき、形態的にも安定した時期
動作の習得に対する準備態勢も整い、さらに「可塑性」と呼ばれる脳・神経系の柔らかい性質も残っているという非常に特異な時期として位置づけられている
• 専門競技の基礎的な動作習熟に最適な時期
*強い負荷よりも柔軟性、敏捷性、バランスのトレーニングが主体となる

◆ ポスト・ゴールデンエイジ(13歳ごろ以降)

• 発育のスパート期(思春期スパート)骨の急激な発育により、筋の柔軟性が追い付かず成長痛も出現する(13歳~16歳)。骨格の急激な成長は、支点・力点・作用点に狂いを生じさせるため、新たな技術を習得するには不利な「クラムジーClumsy」と呼ばれる時期。
※皆様もご存知かと思いますがフィギュアスケートの浅田真央選手が成長と共にジャンプの回転感覚の変化に対応できなくなっていた時期です。
今は身体で習得し素晴らしいトリプルアクセルが跳べています!!
• 生殖型よりホルモン分泌が著しくなる時期であり、男性ホルモンは速筋線維の発達を促し、より速く、強い力を発揮することが可能になる

パーソナルトレーナーによる部活動指導・トレーニング講座


部活動指導

• 正しいトレーニング方法による生徒の怪我の防止。
• 成長期の生徒に合せてたトレーニングを実施。
• 競技、個人の特異性に合わせたトレーニング指導
• 正しいトレーニング方法、正しいコンディショニづくりを身につけた生徒は、一流選手への近道となります。
• 上記のことによる強いチームづくり。

講座・授業 の実施

• 神経質になる女子達へ正しいダイエット法の指導
• たくましい身体づくりをめざすヒョロヒョロ男子達に筋トレの知識・方法を指導
• 自身の健康的な身体づくりの為の方法を若い時期から身に付け、将来の『生活習慣病』予防に
普段から取り組んだり、寝たきり防止の為の運動習慣を身に付けることで医療費の削減や
健康的で元気な人々による経済活発化効果も期待できると我々は考えます。

【ご料金】 場所、時間などの理由により定めておりません。お気軽にご相談ください。